エステ脱毛と医療脱毛の違い Medical hair removal

エステ脱毛と医療脱毛の違いとは?

医療脱毛とエステ脱毛は一緒だと思っていませんか?実は医療機関で行える医療脱毛と、エステサロンでの脱毛には、効果や期間、使用する機器の違いなどがございます。

エステ脱毛と医療脱毛の違い【比較表】

  医療脱毛 エステ脱毛
施術の回数 約5回 18回以上
脱毛の期間 照射のパワーが強力
短時間で脱毛が可能
照射パワーが弱い
長期間通う必要があるため、結果的にお金が余分に掛かってしまうことも・・・
施術者 有資格者が施術
安全・安心で高い効果を得られます
資格がなくても施術できる
高いリスクを伴うさらに、照射漏れの可能性もある
診察 医師による診察がある
肌の状態をしっかり診断して、トラブルなどがあれば対応も可能
カウンセラーのみ
利益重視のカウンセリングで、肌トラブルなどには対応不可
肌トラブル 薬を処方して迅速に対応
万が一のときも安全!
店舗では対応不可
傷跡が残る可能性がある

その1 「エステ脱毛と医療脱毛の脱毛方法」

大きく違うのは、エステ脱毛は光脱毛を中心とした脱毛方法で行われ、医療脱毛は根本的に脱毛方法が違います。エステ脱毛も医療脱毛と同じく、毛根と呼ばれる毛の組織にダメージを与えることで脱毛をおこないますが、大きな違いは、照射のエネルギーの違いです。医療レーザー脱毛の方が照射の力が強い=効果が得られやすいといわれています。

その2 「脱毛の期間の目安」

エステ脱毛と医療レーザー脱毛では、照射の力が大きく違うとご説明しましたが、これは強さだけに影響をもたらすわけではありません。医療レーザー脱毛は光脱毛に比べても回数が3分の1以下で済むことが多いです。それは医療脱毛がレーザーを使用し、エステが光脱毛ということが大きい理由です。脱毛に置いてはできれば早く終わらせたい!という方も多いですが、そういった意味ではエステよりも医療脱毛の方が負担は少ないといえるでしょう。

その3 「ドクターの診察の有無による安全性の違い」

毛乳頭や毛母細胞を破壊する行為はしばりは医療行為です。なので基本的には脱毛は医療行為でドクターの診察下で行うべきです。今は脱毛機器も発達しておりますので気軽に脱毛ができるイメージですが、知識を持ち適切な施術を行わないとその照射エネルギーが強いために、皮膚へのダメージからやけどや炎症をおこしてしまうリスクも高いです。

  • 施術前のドクターの診察によるお肌の状態の確認
  • 肌トラブルがおこったときにすぐに対処できる体制

これが医療脱毛の大きなメリットなのです。

ご予約はこちら

ページ上部への矢印