医療脱毛とエステ脱毛の違い

2019-09-03

医療脱毛やエステ脱毛でムダ毛を減らしたいとおもいませんか?

医療脱毛やエステ脱毛も業務用の脱毛機を使用できるので、セルフ脱毛を超える脱毛効果に期待できます。

ただ二つの脱毛は性質が異なります。違いを把握した上で自分に合ったものを選んだほうがいいかもしれません。

医療脱毛とエステ脱毛は同じではない?

医療脱毛とエステ脱毛は同じものと認識してる人は多いです。

照射装置がレーザーか光かという点で大きな違いがあります。

レーザー脱毛機は医療機器のため医療機関のみでしか取り扱いができません。

これに対して光を使用した光脱毛機は美容器具のため、医療従事者を必要としないエステでも使用できるのです。

実際のところ医療脱毛は1回あたりの効果が高いので、短期間でツルツルにしたい方にオススメします。

それぞれの特徴を把握しておこう

医療脱毛を行えるのは医療従事者だけです。

医療レーザーにはいくつか種類があるのですが、アレキサンドライトレーザーやルビーレーザー、ダイオードレーザーなどがよく使われています。

高出力で毛母細胞を破壊してムダ毛を半永久的に生えてこないようにできるのがメリットです。

それゆえ永久脱毛と呼ばれているんです。

エステ脱毛より痛みが強いのはデメリットですが、最近のレーザーは痛みを抑えたタイプが増えており、最新マシンを使用している医療脱毛なら痛みはほとんどありません。

エステ脱毛はエステティシャンが施術しており、原則として医療資格は所有していません。

稀に元看護師がエステティシャンとして働いているケースはありますが、事例としては大変まれです。

エステではフラッシュやIPLなどの光脱毛器を使用し、ムダ毛を弱らせて減毛していきますがヒゲやVIOなどの頑固なムダ毛には医療脱毛がオススメです。ただそれほど濃くない体毛の脱毛はエステでの脱毛だけ完了されている方が少なくありません。

エステ脱毛は1回あたりの料金が安く、肌への刺激が弱いのがメリットです。

一方で脱毛完了までの費用で見ると高くなること、永久脱毛ができないことなどはデメリットと言えます。

医療脱毛とエステ脱毛の選び方

医療脱毛とエステ脱毛にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、肌質・毛質・料金などによって最適な方法は変わってきます。

どちらが一概にいいとは言い切れず、医療脱毛を例にしてもクリニックによって使用する脱毛機の種類や施術者の技術力に違いがあります。

最終的に自分との相性や通いやすさで決めるのが得策ですが、費用対効果で考えるなら医療脱毛のほうがいい場合が多いようですね。

医療脱毛を考えている方であれば、

最新の脱毛機を導入しているクリニックを選ぶこと

脱毛難易度の高いヒゲ・VIO脱毛を得意としていること

などをポイントにクリニック選びをしてください。

もちろん当院でも、医療レーザー脱毛は行っています。

ご予約はこちら

ページ上部への矢印